JAL NAVIA RECRUITMENT 2019

ENTRY
MENU

FAQ

  • 異動はどの程度ありますか?

    入社4年目くらいを目安に、本人の能力・適性等を勘案しながら、実施します。人事異動は各組織の適正な人員、および人財育成の観点から行います。

  • 転勤を伴う異動はありますか?

    各センターの人員バランス調整や人財育成の観点から、転勤を命じることがあります。しかし、家庭の事情等により転勤が困難な場合もありますので、個々の事情に十分配慮した上で行います。

  • 入社後、他企業への出向はありますか?

    予約発券の専門スタッフとして、現在100名近くのJALナビアの社員がJALグループの他企業へ出向し、活躍しています。

  • どんな企業へ出向するのですか?

    日本航空株式会社、株式会社ジャルセールス、株式会社ジャルパック、株式会社JALスカイ等に出向しています。日本航空株式会社へ出向している社員は、主に日本航空本社の予約発券に関わる企画・制度・システム開発部門や座席管理部門に携わっています。

  • 専門的な知識は、どのようにして習得するのですか?

    入社後1~2ヶ月間、座学で予約・運賃・発券の基礎知識を学びます。その後、新人一人ひとりに先輩社員がついて、実務(電話応対や接客)のOJTを2~3週間実施し、独り立ちします。その他、社員育成過程で、予約・発券・運賃のブラッシュアップ教育や電話応対教育を受講し、専門的な知識を構築していきます。

  • 海外で働くチャンスはありますか?

    ロサンゼルスや香港等の予約部門への長期派遣(2年程度)があります。その他、ロンドンやクアラルンプール等へ短期派遣を行うこともあります。

  • キャリアパスを教えて下さい。

    基盤形成期となる1年目は基本的な業務知識・スキルの習得、また接客に求められるホスピタリティーの心を培っていきます。その後、中期育成期においては、より高度な専門知識の習得のため、時には異動や出向により視野を広げ、基幹人財への育成を目指します。そして、キャリア拡大期においては管理職への登用を視野に入れ、経営意識の確立、マネジメント力の向上を図り、管理職の見極め・輩出を目指します。リーダー、シニアリーダー、ラインマネジャー、そして管理職へと昇格していき、本人の能力・適正・実績などから個々のキャリアを育成していきます。

  • 仕事で必要な資格はありますか?

    入社時の教育でしっかりと基本スキルを身に着けていただきますので、必要な資格は特にありません。

  • 資格取得を支援する制度はありますか?

    特に設けておりませんが、通信教育講座を割引された料金で受講いただくことができます。

  • 残業はどの程度ありますか?

    部門によって差があります。間接部門は残業が多い傾向にありますが、接客部門では接客が長引いた場合や予約の売り出し、悪天候等のイレギュラー発生時に前業・残業が発生します。平均すると、月3~5時間くらいです。