教育研修制度

研修受講者の声

JALナビアでは、基礎から専門教育まで人財育成に関する多彩な研修プログラムを用意しています。
ここでは、実際に研修プログラムを受講した、新入社員と入社10年目社員の声をご紹介します。

入社10年目社員の声グローバル育成研修を受講して

日本航空旅客システム推進部(出向)

小倉 舞子Maiko Ogura

2002年入社/環境情報学部 環境情報学科 卒

キャリアパス

2002年〜
国内部
2005年〜
国際部 予約室
2008年〜
海外地区米州支社ロサンゼルス支店
2010年〜
国際部 予約室
2014年〜
日本航空旅客システム推進部
いつ、どのような研修を、受講しましたか?
2013年12月に、グローバル育成研修を受講しました。
どういった内容の研修ですか?
海外地区の空港や貨物、整備、セールスなどのスタッフが集まり、JALグループの現状やリーダーシップスキルを学び、組織課題の解決策の策定についてワークショップを通じて習得するという内容の研修です。計3日間、全て英語で行われ、研修の大部分を外国人の講師が担当するという、とても国際的な研修でした。
受講した感想はいかがですか?良かったことは何ですか?

全て英語で運営されるため、とても大変だったというのが正直な感想です。しかし、英語が第一言語でないスタッフが他にもたくさん参加していましたので、弱音を吐いてはいられないという気持ちで参加しました。最終日には受講者全員が一人ずつプレゼンテーションする機会がありました。興味深い内容のものばかりで、今までと違った視点で物事を考えるきっかけになりました。また、参加者のプレゼンテーションスキルの高さに驚き、とても勉強になりました。

研修受講後、意識は変わりましたか? 実際に役に立つことはありますか?
普段なかなか話す機会のない海外のスタッフと直接会って話をすることにより、その地区ならではの苦労を知ることができました。研修受講後は、業務内容自体は今までと同じでも、どのようにすれば海外のスタッフにとっていいかなどを考慮するよう意識が少し変わりました。また、一緒に研修を受けた仲間が世界中にいるので、何か困ったことがあったときにも助け合えるという安心感があります。研修では効果的なフィードバックの方法など、現在の業務にとても役立つことを学びましたので、現在実践しています。
今後の目標や、受講してみたい研修は何ですか?
JALグループには、JALナビア以外のグループ社員と一緒に受ける研修が多数ありますので人脈を広げる上でもさまざまな研修を受講することができ、とても刺激的です。業務上、高度なコミュニケーションスキルが求められるので、今後そのようなスキルが習得できるような研修を受講したいと思います。
今後、挑戦したいテーマはプレゼンテーションスキルの向上です。仕事をする上でコミュニケーションはとても重要ですが、私たちの職場は時間との闘いで、いかに早く正確に仕事をするかというのがポイントになります。短時間で要点を理解してもらうためにプレゼンテーション能力を身につけることが今後の課題です。

教育研修制度

PAGE TOP
PAGE TOP